SEO型エログ

SEOエログで稼ぐには文字数は1000必要?500でいい?

SEOエログで稼ぐには当然ながら記事に文字が必要です。Googleから評価されるには文字数などGoogleが見てこのサイトはわかりやすいか、有益かなど判断されます。

では具体的に何文字あればよいのでしょうか?

結論から言うと最低300文字・できれば1000文字です。

検索上位にあるサイトを見るとまだまだアクトレのサイトが多いです。では今からアクトレのサイトを始めようとしても正直無理です。理由はこちらの記事を参考にどうぞ。

エログをGoogleの検索上位に表示して100万円を稼ぐ方法

続きを見る

SEOエログで稼ぐために必要な文字数について解説します。

SEOエログが上位表示される理由

SEO型のエログで上位に表示されているサイトを見てみましょう。100個はサイトを見て分析してきましたが、Googleの上位に表示されているSEOエログの特徴を解説していきます。

文章がある

SEOエログには文章があります。どんな文章かと言うと、動画の解説や、女優のことについて書かれています。また動画の内容を想像させるような刺激的な文章を書いている方もおられます。

どんな文章でも問題ないですが、気をつける点が2つです。

  • 文章としてなりたっている
  • キーワードを盛り込んでいる

はちゃめちゃな文章や、キーワードを無視した文章は意味がありません。検索上位に表示されるエログはこれらのポイントを抑えた文章になっています。

アクトレしている

アクセストレード通称アクトレをしています。サイトにアクセスしたユーザーを他サイトに送る。送られたサイトもアクセスを送り返す。これがアクトレです。

アクトレのメリットは以下です。

  • アクセスの共有
  • PVの共有
  • ドメインパワーの増加
  • Googleの評価が上がる

SEOエログで文字がありながらアクトレもしているサイトも多々あります。

画像を使用している

動画で再生されるシーンの画像を記事中に挿入しています。これもSEOエログでは役に立ちます。

挿入した画像自体にSEO的な意味はありませんが、画像を入れることで文章が読まれやすくなります。そしてユーザーの記事への滞在時間が増えます。

記事の滞在時間はエログのSEO対策として重要です。

 

SEOエログを今から作るのに必要な文字数

実はSEOエログで必要な文字数はサイトの状況により変わります。何文字あれば大丈夫という明確な断定はできません。サイトによってドメインパワーもジャンルも違うから当然ではありますが・・

100サイト分析した結果からわかったSEOエログの文字数の基本を解説します。

まずは300文字

300文字のエログはどちらかというとアクトレがメインです。アクトレをしっかりしているサイトでプラスで文字を入力しているサイトがよく見られます。

SEO的には評価は少ないと言う意見もありますが、多くのサイトがこれぐらいの文字数です。文章自体も300字程度ならすぐに書けるのでまずは300文字を目標に書くことをおすすめします。

もちろんもっと書けるという人は次のレベルにいきましょう。

500文字はほしい

新規で始めるなら先行組よりも勝った記事を書かなくてはいけません。SEO的に評価されるのは500文字からという人もおります。

実際に500字あればしっかりキーワードを組み込めますし、立派な文章になります。300文字がすらすら打てるなら早めに500文字に慣れましょう。

また500文字ぐらいから画像を記事に取り入れることをおすすめします。

1000字あれば完璧

1000文字あれば記事の質は高いと言えます。もちろん文章として成り立っているのが前提です。

昔によくあった検索キーワードの羅列は意味ありません。

エログで1000文字の文章を用意するとなると結構しんどいです。

SEOエログは500文字が最初の目安、慣れたら1000文字

いきなり1000文字の記事を作る必要はありません。記事の数もサイトの強さに関係してきますので、500文字でも良いからまずは記事を量産しましょう。

量産と言っても文章が適当ではいけません。

  • 動画の感想
  • 動画や女優の説明
  • 動画を見たくなるような文

これらを意識すれば1000文字書けるようになるので練習してみてください。

-SEO型エログ

Copyright© 圧倒的部ログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.