SEO型エログ

エログのSEO対策に必要な文字数は1000文字は間違いです

SEOエログで稼ぐには当然ながら記事に文字が必要です。Googleから評価されるには文字数などGoogleが見てこのサイトはわかりやすいか、有益かなど判断されます。

では具体的に何文字あればよいのでしょうか?結論は30文字から70文字か、500文字から1000文字です。

実はSEO特化のエログには2種類あるのをご存知ですか?それによって必要な文字数はかわってきます。エログのSEO対策で必要な文字数について解説します。

SEO特化エログがGoogleで上位表示されるために必要なもの

SEO特化エログがGoogleで上位表示されるために必要なものについて解説していきます。SEO型のエログで上位に表示されているサイトを見てみましょう。100個はサイトを見て分析してきましたが、Googleの上位に表示されているSEOエログの特徴を解説していきます。

文章がある

SEOエログには文章があります。どんな文章かと言うと、動画の解説や、女優のことについて書かれています。また動画の内容を想像させるような刺激的な文章を書いている方もおられます。

どんな文章でも問題ないですが、気をつける点が2つです。

  • 文章としてなりたっている
  • キーワードを盛り込んでいる

はちゃめちゃな文章や、キーワードを無視した文章は意味がありません。検索上位に表示されるエログはこれらのポイントを抑えた文章になっています。

アクトレしている

アクセストレード通称アクトレをしています。サイトにアクセスしたユーザーを他サイトに送る。送られたサイトもアクセスを送り返す。これがアクトレです。

アクトレのメリットは以下です。

  • アクセスの共有
  • PVの共有
  • ドメインパワーの増加
  • Googleの評価が上がる

SEOエログで文字がありながらアクトレもしているサイトも多々あります。

画像を使用している

動画で再生されるシーンの画像を記事中に挿入しています。これもSEOエログでは役に立ちます。

挿入した画像自体にSEO的な意味はありませんが、画像を入れることで文章が読まれやすくなります。そしてユーザーの記事への滞在時間が増えます。

記事の滞在時間はエログのSEO対策として重要です。

 

SEO特化エログを検索上位に表示するために必要な文字数は?

SEO特化エログを検索上位に表示するために必要な文字数はいくつでしょうか?実はSEOエログで必要な文字数はサイトの状況により変わります。何文字あれば大丈夫という明確な断定はできませんが、目安として30~70文字の場合と、500~1000文字の場合があります。

SEO特化エログは2種類の作り方があるんです。どちらも解説します。

文字数が30~70文字のエログのSEO対策

文字数が30~70文字のエログの場合は、記事の数も必要です。1日24記事更新はしておくべきです。

文字は記事のタイトルにのみ入力します。本文は動画だけというパターンです。エログだとこの作り方が多いです。

文字数が500~1000文字のエログのSEO対策

1000文字あれば記事の質は高いと言えます。文章と画像を使うことで、ユーザーの滞在時間を確保してサイトがばっちし評価される仕組みです。どちらかといえばエログというよりは、レビューのような記事になります。

作るのに労力がかかりますし、エロ動画のレビューで読者に読まれる文章は意外と難しいです。官能小説や、AVレビューなどを見て勉強する必要があります。私としてはこれだけ文章を作るのであればエログよりアダルトアフィリエイトに挑戦したほうが良いと思っています。

ちなみに、昔はよくあった検索キーワードの羅列は意味ありません。

SEO特化エログの文字数は少なくても良い

SEO特化エログに必要な文字数について解説しました。文章をしっかり入力するSEO特化エログと、記事の数で勝負するSEO特化エログがあることがおわかりいただけたでしょうか。

私はエログでは後者の記事数で勝負のエログで稼いでいます。文章を1000文字も使うならアダルトアフィリエイトにした方が長くたくさん稼げますし、エログの文章って意外と難しいです。エロ動画を見るのが好きで、レビューしたい人は長い文章を使ってもいいですが、基本的には記事数で勝負しましょう。

下の記事でエログのSEO対策の全てを解説しました。読んでみてください。

エログのSEO対策5つを解説!SEO型エログの全てが分かります

続きを見る

-SEO型エログ

Copyright© 圧倒的部ログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.