エログの準備

エログで必要なWordPressプラグインは7つだけ。断言します

エログを作っていると毎日のこの作業をもっと効率よくできないかなと思うときがあります。そんな悩みを解決してくれるのがWordPressのプラグインです。エログ運営で必須といえるプラグインを全て紹介します。

これらのプラグインを知る前は1時間かかっていた作業が30分でできるようになったり、サイトの表示速が数倍早くなったりと、プラグインなしにはエログ運営できません。

そんな便利なプラグインですが、入れすぎるのはいけません。プラグインを入れすぎるとサイトが重くなってしまうからです。

エログのサイトが重くなるとはどうなるでしょうか?

ユーザーがページを開こうとしているのに表示されない→イライラする→サイトが開く前に戻るボタンを押してしまう。

動画が再生されないと稼げませんから、エログでは特にサイトの軽さは重要です。サイトが重いエログは稼ぐことはできません。

プラグインは便利ですが入れると少しずつサイトが重くなります。プラグイン同士の相性などもあるため急に重くなることだってあります。WordPressのプラグインは必要最小限にしましょう。

今回は様々なプラグインを利用してエログを運営してきた私が特におすすめする、エログ運営に必須なプラグインを紹介します。

TinyMCE Template

私が発見したプラグインの中で最もおすすめしているプラグインです。作業効率が本気で数倍になります。

こちらは、記事のテンプレートを作れるプラグインです。一度テンプレートを作ると、記事作成画面からすぐにテンプレートを適用できます。

エログでは、同じような構成で、たくさん記事を書いていきます。このテンプレートがあるだけで、何万回というキーボードのクリック数を削減できます。

このプラグインがあるなしでエログの更新にかける時間が倍以上変わりますので絶対にいれておくべきです。

Classic Editor

上記のエログ必須プラグイン「TineMCE Template」を使うために必要なプラグインです。

このプラグインは、WordPressの記事作成画面を1つ前のバージョンにしてくれます。一般的なブロガーの方でもこのプラグインを利用して、1つ前の記事作成画面を使っている人が実は多いです。

エログでは作業効率を倍にするために必須です。

LiteSpeed Cache

mixhostのサーバーを使っている方が使えるプラグインです。キャッシュの最適化によってエログを軽くしてくれます。

とりあえず入れておくべきプラグインです。mixhostを使う理由がここにもあります。これを導入するとエログのサイト表示速度が数倍早くなります

サーバーを契約していない。違うサーバーから乗り換える人はこちらの記事で解説しています。

エログでも使えるレンタルサーバーはこれ【mixhost一択!?】

続きを見る

 

Contact Form 7

お問い合わせフォームを作るプラグインです。お問い合わせフォームが必要な理由は2つです。

1.エロタレストというサイトに登録する際に必要だから。
2.ビジネスの問い合わせなどがくる可能性があるから

エロタレストというサイトを利用してエログではユーザーのアクセスを大量に稼ぎます。エロタレストに登録する条件としてお問い合わせができるというものがあるので、必須となっています。

また、ビジネスに関するお誘いや提案が届く可能性があります。広告のことだったり、エログ運営者の方からなど。ビジネスチャンスを増やすためにもお問い合わせフォームは合ったほうがよいです。

EWWW Image Optimizer

このプラグインはエログの画像を圧縮してくれるプラグインです。効果は微妙だという人もいますが、画像を大量に扱うエログでは必ず入れておきましょう。

容量の大きい画像を使ってしまうと一気にサイトが重くなるので、圧縮は必須です。

 

WP-Optimize - Clean, Compress, Cache

こちらもエログを軽くしてくれるプラグインです。WordPressのデータベースの不要なものを削除してくれて、エログの高速化を行ってくれます。

一度設定をするだけで自動で定期的にクリーンアップしてくれます。その設定もすごく簡単なので安心です。

WordPressって何もしていなくても余分なデータが溜まっていくのです。このプラグインを入れていない人のほうが少ないのではないかと思います。

XO Featured Image Tools

投稿の中の画像から勝手にアイキャッチ画像を設定してくれるプラグインです。エログは一日にたくさんの記事を投稿します。一つ一つにアイキャッチを手動で設定していたら相当時間がかかります。それを自動化してくれるので控えめに言っても神です。

同じようなプラグインにAuto Post Thumbnailというものがありますが、あちらは更新が遅かったり、うまく動作しなかったりします。

その点このプラグインは動作もバッチリです。更に便利なのが、WordPressの投稿記事一覧の画面で設定されたアイキャッチ画像が小さく表示されるので一目瞭然。使い勝手も機能の面でもこのプラグイン一択です。

SEOも狙うならGoogle XML Sitemapsだが・・・

SEOも意識しながら記事を書いていくならこのプラグインももちろん入れるべきです。しかし、私が最初におすすめしているエロタレ型のエログでは、SEOは全く無視しているので、私は入れていません。

エロタレ型で稼ぐならエロタレ特化にすべきであり、SEOを狙うならSEO特化にすべきです。エロタレ型エログなのに「Googleの検索からも入ってきたらいいな」で導入するのは無意味です。

エログを作るときは最低限のプラグインにしよう

エログはサイトの軽さが命です。エログを作る際は便利なプラグインをたくさん入れがちですが、可能な限り絞るようにしましょう。

もちろん必要だと思ったものは追加で導入して構いません。大事なのはエログサイトが軽いかどうかです。ただ新しいプラグインを入れて場合は、サイトの重さに影響がないか自分で試すのを忘れないでください。

-エログの準備

Copyright© 圧倒的部ログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.